妊娠中にダイエットする時に注意しておきたいこと

投稿日 2016年1月05日 火曜日

コメント コメント(0)

かつては、妊娠中は二人分食べる必要があるとされていましたが、最近の妊娠ではその限りではなくなっています。妊娠から出産まで、どのように体重が増えていくことが望ましいかが、細かくチェックされています。そのため、妊娠中でも体重が増加しすぎたために、だいえっとの必要性が生じたという人も多いと言われています。

定期健診で常に母子の状態をチェックしていますが、体重の増加が激しいと、ダイエットをするよう医師に言われたりします。

妊娠初期によくあるつわりが治まって、胃がスッキリしてくると食欲も増してきて、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるので、注意しなければなりません。安定期に入ったら、急激に食欲が高まって、常に食事がしたくなるという人もいます。

胎児の健全な発育のためには、ダイエットのやりすぎはよくありません。どのようなダイエットをするかはよく考えましょう。

食事による栄養摂取が妊娠中に滞ると、生まれた子供が低体重児になってしまうこともあります。プロテインや、脂肪代謝を促進するものは、妊娠中は絶対に使わないようにすることが求められています。

お腹の赤ちゃんの成長を阻害するなどの理由から、特定のサプリメントは、妊娠中は使わないようにというただし書きが入っています。酵素ドリンクについてはダイエット目的、つまりファスティングとして飲用しなければ問題ありません。

妊娠中のダイエットに酵素ドリンクを用いる場合は、できるだけ添加物が配合されていないもを、規定量だけを飲むというスタイルが基本です。

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。