肥満や老化防止効果のある発芽玄米によるダイエット

投稿日 2017年1月03日 火曜日

コメント コメント(0)

発芽玄米を白米に混ぜて食べるダイエット方法は、肥満予防にいいだけでなく、アンチエイジング効果も得られます。

近年では、炭水化物の摂取量を少なくするダイエット方法が関心を集めています。

ただし、糖質は減らし過ぎると身体機能に支障が生じますので、お米をどのくらい食べるかが重要になってきます。

日本人に馴染みの深いお米は、エネルギーの供給源としてとても優れている食品で、白米や玄米といった種類があります。

白いお米とは、玄米からぬかと胚芽の層を除いたものであり、食べやすく、消化もしやすいものです。

精米時に取り除かれてしまうぬか層には豊富な栄養があるため、精米された白米は栄養素が発芽玄米に比べて低下してしまいます。

発芽玄米に含まれているビタミンや食物繊維の量は、白米の約5倍であり、健康維持に役立つ栄養素を手軽に補給できます。

発芽玄米はダイエットにいいだけでなく、ミネラルやビタミンも多く含んでいるために、お肌をきれいにする効果も期待できます。

腸の働きを活発にし、身体の老化を予防し、肥満対策効果があることが、発芽玄米の魅力です。

発芽玄米はかみごたえがあり噛む回数が増えるため、満腹感が生まれやすくなります。

お腹いっぱいの食事ができることが、ダイエットに挫折せずにいられるかを左右します。

お米を食べると太るというのは間違いで、太るのは食べ過ぎることが原因なので、発芽玄米を上手に利用すればダイエット効果のある食事になります。プロミス大泉学園 三井住友銀行

コメントを残していただけると、読者の反応の改善に役立ちます。自由にコメントしていただいて構いませんが、スパム行為や他人を貶める誹謗中傷などはご遠慮ください。